北海道ダッタンソバ生産者協議会

NEWS RELEASE 新着情報

農林水産省、一般社団法人日本蕎麦協会、自由民主党農林部会長 との情報交換について(報告)

平成29年4月3日

北海道ダッタンソバ生産者協議会

                           会長 森  清

農林水産省、一般社団法人日本蕎麦協会、自由民主党農林部会長

との情報交換について(報告)

 3月23日(木)午前10時より農林水産省ご担当者と当協議会から森 清会長、吉仲竹男副会長、石井弘道幹事、石井啓介幹事、全国のダッタンソバ関係者とともに農林水産省会議室において、平成29年度農林水産省の施策および補助事業、取り分け「経営所得安定対策等の概要」「検査概要」の説明を受けたのち、北海道内のダッタンの近況、全国への普及状況などについてご報告し、意見交換をいたしました。

当協議会の取り組みについては、有機農業・環境保全型農業の推進を図っており主に増え続ける休耕地の解消法、若手担い手の育成、ダッタンソバの機能性を活かした6次産業化などに取り組んでいる事例と成果をご披露し、高評価をいただきました。


(農林水産省会議室にて)

午後から一般社団法人日本蕎麦協会野澤専務理事様と面会を行い、当協議会の活動については、当協議会生産者会員から「全国そば優良生産表彰」で農林水産大臣賞2名、全国農業協同組合中央会会長賞1名、一般社団法人日本麺業団体連合会会長賞1名、農林水産省政策統括官賞1名がそれぞれ受賞し、さらに、当協議会が環境保全型農業推進コンクールで平成27年度農林水産省生産局長賞を受賞したことなど、また、普及活動のイベント・催事、地方再生の取組、担い手の育成などにも高い評価をいただきました。 
 

今後の活動に向けて励ましのお言葉、継続的なご協力・ご支援をいただけることになりました。


(一般社団法人日本蕎麦協会 会長室にて)

 その後、お忙しいご公務の合間、衆議院第1議員会館において当協議会の活動にご支援を頂いております自由民主党農林部会長 小泉進次郎様と予定時間(20分)を大幅に超える時間をいただき、「農業競争力強化プログラム」にそった生産資材価格の引き下げ、流通加工の構造改革、人材力の強化、土地改良制度の見直し、戦略的輸出体制の整備など農業生産者の所得向上の施策を含めご説明をいただきました。当協議会の活動については以前から関心があられ、積極的な活動に高い評価をいただきました。

前左から全国ダッタンそば生産推進協議会 北村 よう子事務局長、森 清会長、小泉進次郎農林部会長、石井弘道幹事、大分県豊後高田市農業ブランド推進課 田染定利参事、石井弘道幹事、後左から吉仲竹男副会長、全国ダッタンそば生産推進協議会 滝沢元一郎理事

このたびは、お忙しい中、時間、会場をご調整いただきました農林水産省政策統括官付地域作物課 島調査係長様、一般社団法人日本蕎麦協会事務局様、小泉進次郎事務所様、全国ダッタンそば生産推進協議会事務局様、関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。

                                      以上

  • Category:
  • Author:dattansobajp

平成29年度定期総会、講演会の終了報告

平成29年3月31日

各 位


北海道ダッタンソバ生産者協議会
会長 森 清

 

平成29年度定期総会、講演会の終了報告

拝啓 孟春の候ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご高配にあずかり厚くお礼申し上げます。
さて、3月18日本協議会の平成29年度定期総会、講演会を開催いたしました際には、お忙しい中、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構北海道農業研究センター
所長 勝田眞澄様にご丁寧なお言葉をいただき、心から感謝申し上げます。
おかげさまで、定期総会では平成28年度事業報告、会計報告・監査報告、平成29年度事業計画案、予算案、会則の一部変更案、役員改選案など満場一致で承認されました。
講演会は、受講者48名、ご講師は国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 フェロー 川端習太郎様に務めていただき「ダッタンソバのますますの普及を願って」をテーマにダッタンソバ研究成果、ダッタンソバの歴史、栽培方法、機能性の活用した商品開発など有意義な講演会となりました。その後、北海道ダッタンそばの会との懇親会となり、互いの活動について理解し親睦を深めることができました。
なお、講演会資料をホームページに掲載させていただいております。ご参考にしていただければ幸いです。
今後ともご教示、ご指導を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


敬具

 

 

 

  • Category:
  • Author:dattansobajp

満天きらりを食べる夕べ 10/29(土)

「満天 きらり」は 国立研究開発法人 農業・ 会品産業技術総合研究機構 北海道農業研究セ ンターで開発 されたダッタンソバの新品種で す。

従来の ものに比べて苦味が少なく、加工 時のルチン残存量も 多いという、たいへん優 れた特長があります。

休耕地活用により地域創造を目指す北海道 ダッタンソバ生産者協議会では 、北海道産 ダッタンソバの栽培 ・加工 ・消費の拡大 とブ ラン ド化を推進 してお り、今回はその一環 と して、熟成保管 した満天 きらりのそばと、 さ まざまな調理加工品 をご試食いただきます。

ダッタンそばの高付加価値製品の市場投入 のために、多 くの皆様のご参加 をお待 ちして います。 

 

■お問い合わせフォームからはこちら

・ご氏名、ご同伴者、ご住所、電話番号を記入して送信してください。

 

  • Category:
  • Author:dattansobajp

高橋はるみ北海道知事と面会しました

2016/6/4(土)

北海道ダッタンソバ生産者協議会の活動報告と道産ダッタンそば育成へのご支援とご協力要請を行いました。

 

右:森清会長

中央:高橋知事

左:青木幹事

 

 

 

  • Category:
  • Author:dattansobajp

平成28年度 講演会・懇親会の開催について(ご案内)

平成28年2月23日

各    位

 

北海道ダッタンソバ生産者協議会

会 長  森   清

 

平成28年度 講演会・懇親会の開催について(ご案内)

 

拝啓 余寒の候、関係各位にはいよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は北海道ダッタンソバ生産者協議会の活動に色々とお引き立てをいただき、厚くお礼申し上げます。

 さて、機能性食品としてダッタンソバが注目され特性を活かした事業で、昨年8月に第13回産学官連携功労者表彰で農林水産大臣賞を農研機構北海道農業研究センターと当協議会員の株式会社神門の『ダッタンソバ「満天きらり」を用いた耕作放棄地解消と6次産業化事例』が受賞されました。さらに、当協議会の取組が評価され平成27年度環境保全型農業推進コンクールで農林水産省生産局長賞を受賞する内示があり明るいニュースが続いております。そのような中で講演会を開催いたします。

 つきましては、ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、何卒ご出席いただきたくお願い申し上げます。

敬具

 

【講 演 会】

 

   日 時: 平成28年3月12日 土曜日 13時30分~14時50分

   会 場: サンビル 4階 会議室 (札幌市中央区北3条西28丁目2-1)

   会 費: 一般の方は、資料代としてお一人1,000円

   講 師: 有限会社 IEP  代表取締役 村 本 太 平  様

   テーマ: 『6次産業化に向けた補助金の活用』  

   講師紹介

総合経営コンサルタント、中小企業診断士、MBA(経営学修士)大学、商工会等でのセミター・講演会で多数の講師を務められ、ベンチャー、起業をはじめ農林水産省、経済産業省、厚生労働省などの最新の助成金・補助金の活用やコンソーシアムの構築など多くの成果を出されています。

その成果は新聞・テレビでも紹介され高く評価されています。

 

【懇親会について】

   3月12日 土曜日 18時30分から サンビル 4階 会議室において北海道ダッタンそばの会主催の懇親会が行われます。同そばの会会員様との親睦を深めていただくのに良い機会と存じます。会費3,000円(アルコールなし2,500円、会費は当日会場でご精算ください。)

出欠は下記申込書にご記入ください。

 

【締  切】 平成28年2月29日 月曜日までにお手数ながら下記の申込書にご記入の上ご返信でお知らせください。

 

【お問合せ】北海道ダッタンソバ生産者協議会

      電話・FAX  011-621-8958

      森  090-2816-7643

      高橋 090-8271-8500

以上

 

 

申   込  書

北海道ダッタンソバ生産者協議会

   事  務  局     行

FAX 011-621-8958

 

代表者氏名

 

 

会社・団体名

 

 

電話

 

 

同伴者

氏 名

講演会

懇親会

代表者

出席

欠席

出席

欠席

 

出席

欠席

出席

欠席

 

出席

欠席

出席

欠席

 

  • Category:
  • Author:dattansobajp

『ダッタンソバ カップめんに』北海道新聞に掲載

北海道内生産者と業者が共同開発

苦味少ない新品種「満天きらり」使用

道内の生産者でつくる北海道ダッタンソバ生産者協議会(札幌市)と渡辺製麺とかち帯広事業本部(十勝管内幕別町)は、札幌産のダッタンソバを使ったカップめんを共同で考案した。

健康食品として注目されるダッタンソバの普及を進めるのが狙いで、近くスーパーや物産展で販売する。

 

【北海道新聞 2016年2月24日 夕刊】

  • Category:
  • Author:dattansobajp